サラカフェ

オナラが多く頻繁に出てしまう原因はコレ!食べ物だけじゃない

こんにちは、さらくりです。

オナラが多く出てしまう
一日に何回も頻繁に出てしまって
またオナラが出てしまったよって
困ってしまうことがあります。

いったいどうしてオナラがこんなに
多く出てしまうのか

よく出やすのは食べ物だよって
言われることがありますが
実は食べ物だけではないので

オナラが頻繁に出てしまう原因や
役割とは一体何なのかなどについて
調べてみました。

なぜオナラが出るのか

onaraderugenin15-1

オナラっていうのは急にしたくなって
しまったり出てしまうことが多い
ですよね。

1人でいる時ならまだ
あっまたオナラが出てしまったって
思っていればいいのですが学校や
会社そして電車の中などで出てしま
った時っていうのは物凄く恥ずかしい
ですよね。

スポンサーリンク


厄介なオナラですがそもそも
どうしてオナラが出るのだろう?
出なければこんな恥ずかしい思いは
しなくてもいいのになって思います。

そんなオナラは腸内に溜まっている
ガスを排出する役割があります。

そのガスっていうのは空気や消化
している時に発生してしまうガス
などが混じっていて自然と発生して
しまう物です。

この腸内ガスによって腸の中にある
物を下に送り出していってくれて
いたり排除していってくれているのです。

人によって1日に出る回数などは
違いがありますが10~15回は普通に
出ますが20回以上とかになってくると
オナラが1日に出る回数としては多い
ので注意してください。

空気やガスが溜まる原因

オナラは腸内に溜まっているガスを
排出する為に出るっていうのは
わかってもらえたと思います。

なので腸内に空気やガスが多く溜まって
しまっている時はオナラが出やすく
なってしまうのですがその原因として
多いのが

食べ物によって
炭酸飲料によって
ストレスによって

などが原因で溜まりやすい状態を
作り出していってしまうことが
多いです。

食べ物によって

食べ物によってっていうのはよく
イモなどを沢山食べた時にオナラが
出やすくなるっていうのを聞きますよね

これはイモなどは消化に時間がかかって
しまってその消化をしている時にガスを
発生しやすくなってしまうからなのです。

つまり腸内での消化に時間がかかり
やすい長くかかってしまう食べ物を
食べてしまうとガスが溜まりやすく
なってオナラが出やすくなってしまいます。

消化に時間がかかりやすい物として
脂肪分の多い肉類
食物繊維の多い野菜類
などがあります。

これらの食べ物がダメっていうの
ではなくて偏って食べ過ぎてしま
ったりした時は注意してください。

炭酸飲料によって

炭酸飲料によってっていうのは
炭酸飲料を飲んだ時っていうのは
ゲップが多く出てしまことが多い
ですよね。

スポンサーリンク

炭酸飲料を多く飲むことによって
炭酸ガスが多く発生するのですが
これによってゲップが多くなって
しまい

そのゲップでも排出することが出来な
かった炭酸ガスが腸内に溜まってしまい
オナラが多く出るようになってしまいます。

ストレスによって

ストレスによってっていうのは
ストレスを多く感じてしまったりした
時に無意識の内に空気を沢山飲み込んで
しまっていてそれによってオナラが
多く出てしまいます。

これは空気嚥下症(くうきえんげしょう)
という病気でもあるのですが
ストレスを感じて緊張することに
よって唾液と一緒に無意識のうちに
沢山の空気を飲み込んでしまっています。

普通に呼吸などで空気を吸い込む
のはいいのですが吸い込むのでは
なくて空気を飲み込んでしまった時
に腸内に空気が多く溜まってしまう
ことがあります。

なのでストレスだけじゃなくて
早食いなどをしてしまった時も
食べ物と一緒に空気を沢山飲み込んで
しまっているので注意してください。

これらの3つの原因などによって
腸内に空気やガスが溜まりやすく
なってしまうことが多いです。

空気などを沢山飲み込んでしまうと
お腹が張ってしまいそれが原因と
なってしまってお腹が鳴りやすくも
なってしまうことがあるので詳しくは
コチラの記事に書いてあります。

お腹がよく鳴ってしまう原因は!

まとめ

オナラが多く頻繁に出てしまう
原因はコレ!食べ物だけじゃない
について書いていきました。

オナラは腸内に溜まってしまっている
ガスを排出する為に出るので1日に
10~15回くらいは普通に出ます。

しかし20回以上とかになってくると
多いのでそんな時は腸内に空気や
ガスが多く溜まってしまっている
っていうことなので

その原因として多い3つの事に注意
してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

Return Top